鉄道車両の設計・生産

株式会社スミヨシ

インドネシア実習生帰国【兵庫事業所2期生】

2021.11.8

2021年10月28日

インドネシア実習生の、ノヴァンガシカさん・デリハルヤントさんが

3年間の実習を終えて、帰国することになりました。

 

ノヴァンガシカさんから直筆で

お手紙をいただいたのでご紹介します。

左からノヴァンガシカさん・デリハルヤントさん

一時帰国のアブドゥルラフマンさん 新神戸駅にて

 

私はノヴァンガシカです。

この度は、60人以上の中から選んでいただき、スミヨシで働く機会を与えてくれた大西さんに感謝いたします。

3年前の10月24日に初めて日本に来た際は、日本語がまだあまり話せず、日本企業で働いた経験もなかったので本当に不安でした。

日本に到着後、まず豊橋で1カ月間日本語と日本のルールを勉強し、その後11月5日から神戸に移動して、さらに日本語と仕事の研修を受けました。

森本先生と守内先生と工藤先生から丁寧に教えて頂いたので、最初の不安な気持ちは無くなり安心することが出来ました。森本先生、守内先生、工藤先生有難うございました。

2週間後に現場に入り、兵庫事業所の皆さんと出会うことが出来ました。

皆さんからも日本語と仕事のやり方をたくさん教えて頂いたので感謝しています。

また事務所の人も、色々助けてくれたので感謝しています。

この3年間で私は新しく、より良い人になりました。

規律について、寛容について、さらには一体感について、私はたくさん学ぶことができました。

私は、今感じていることが2つあります。

1つ目はインドネシアで家族や愛する人と再会できるという嬉しい気持ち。

2つ目は私を受け入れて、いつも助けてくれた皆さんと別れなければいけない悲しみ、そして私の第二の故郷のようになった日本から去ることへの寂しさです。

ですが、人生はまだまだ続きます。

きっと皆さんとまた出会えることが出来ると信じています。

最後に、日本は本当に素晴らしい国です。

人々、食べ物、乗り物、建物など、すべて。AKU CINTA JAPAN.

3年間お世話になりました、本当にありがとうございました。    

ノヴァンガシカ

 

Scroll Up