鉄道車両の設計・生産

株式会社スミヨシ

インドネシア実習生帰国

2020.10.27

インドネシア実習生の7名の方、無事実習期間を終えて、帰国する事となりました。

 

帰国の前にサイディ(徳庵事業所所属)さんより、お手紙頂きました。

以下(原文のまま)

私の名前はサイディです。インドネシア出身です

中学生の頃から私は日本の文化や日本の建造物、乗り物に興味があり、日本の

アニメが好きで、日本の技術が好きです。

高校卒業後、私は日本への憧れを抱き、日本へ行くチャンスだと思い日本にイ

ンターンすることを決心しました。

インドネシアには日本の鉄道のような便利ものは少なく電車を見る事が少なく

、電車という乗り物に興味があり、日本の鉄道会社に面接を申し込み希望してい

た、鉄道会社に面接して合格しました。

日本に向けて出発する前に、少しでも多くの日本人と仲良くなりたいと思い約

6か月間インドネシアでの日本語研修に参加し日本語をより多く覚える努力をし

ました。日本語を勉強していくにつれ、より一層日本への興味が湧き日本の文化

についても勉強を沢山しました。

2017年9月10日私は日本に向けて出発し、大阪の電車製造会社のスミヨシとい

う会社で研究生になりました。

仕事は電車の内装をやる事が決められました。インドネシアには電車が少ない

ので電車の内装がどんな感じか全然分からなくて、自分がそれを作るのは、楽し

みでもありましたがやっぱり、不安でした。しかし教えてくれた日本人の人は僕

が日本語をあまり話せないのを知っていたので簡単な言葉で親切に教えてくれて

、とても分かりやすく、仕事をしていくうちに、最初に仕事をした時の不安が次

第に消えて、教えてくれた人たちの為に恩返しをしたいと思い、仕事が終わって

からも日本語を学び、仕事でもっとコミュニケーションをとって、仕事を早く覚

えたいと思うようになりました。

そこから、最初にやっていた仕事から別に作業をした時にまた、不安になった

りしましたがそこでも先輩が優しく教えてくれたので、より一層がんばって仕事

をして、早く仕事を覚えれました。 そして、今は後輩が多くなってきたので仕事

でわからない事を自分が教えたりしていて、仕事の面ではとても勉強になり成長

できたかなと思います。

そして、休憩中も最初はインドネシアの子とばかり話していましたが今では仲

良くできる人も多くできて、休憩時間でも充実していて、この3年間とても、勉

強になりました。

日本語と仕事を一緒に勉強していたので、疲れた時も有りましたが、両方続けて

良かったなといまでは心から思います。

 3年間ありがとうございました。お疲れ様でした。

 

テリマカシー

 

スミヨシでの業務、大変お疲れ様でした。

また、ありがとうございました。

これから益々のご活躍を社員一同、心より願っております。

Scroll Up